口臭予防には唾液の分泌がポイント



 

唾液の分泌が低下すると 雑菌が繁殖


口には自浄作用が

口臭予防

唾液の分泌量と口臭には密接な関わりがあります。

唾液にはリゾチームという酵素が含まれていて、口中の細菌を殺菌する力があります。

唾液が適切に分泌され、口中の雑菌が少なくなると、口臭は抑えられます。
 

唾液の分泌量が低下すると

逆に唾液の分泌量が低下すると、口の中に雑菌が残り、口臭が発生します。

朝起きたときなどは誰でも口臭がしますが、これは寝ている間唾液の分泌量が抑えられ、口中に雑菌が増えるためです。

また、長い時間話をしないで黙っているのも、睡眠中と同じように唾液の分泌量が減り雑菌が増殖します。

適度なおしゃべりも口臭予防に効果があるのです。
 

規則正しい食事が口臭予防に効果的

朝食を抜くことは唾液の分泌が低下する原因となります。

口臭予防のためには規則正しい食事をし、唾液の分泌を促進し、口中の雑菌を減らすことが一番自然な方法といえます。
 
 
 

唾液の分泌を良くするには

唾液が適切に分泌されていると、自然に口臭は抑えられます。
まずは、口の中の自浄作用を高めて、口臭を予防しましょう。

口臭予防

・規則正しい食事が唾液の分泌を助けます。

・適度なおしゃべりも唾液の分泌を即します。

・ガムを噛むのも唾液の分泌に効果的です。

・口中が乾く口呼吸にならないように気をつけましょう。

・水やお茶で、口中に適度な水分を補給しましょう。