足の臭いの原因



 

足の臭いの原因

原因1:足の汗

冬で足はとても冷たいのに、靴の中で足が 汗をかいていることはありませんか?

足の臭い

とくに足の裏は汗腺が集中しています。
足の裏には、体の他の部分の3倍〜10倍の汗腺があり、1日にコップ約1杯分の汗をかくといわれています。汗を放置しておくと皮膚の常在菌によって分解され、悪臭を放ちます。
 

原因2:足の垢(角質)

足の裏は角質層が厚く、新陳代謝や歩いたりする時の摩擦によって剥がれ落ち、アカとなります。

そのアカと汗や皮脂が混ざると常在菌はますます繁殖し、さらに強いにおいを発します。

 
原因3:靴によるムレ

足の臭い

靴を長時間はいていると足は密封状態となり、汗は蒸発せず高湿度状態となります。

また靴の中の温度はどんどん上がり臭いを増長させる雑菌の活動は益々活発になります。足の蒸れにより角質層ははがれやすくなり、雑菌はさらに繁殖し臭いを強めるという悪循環があります。

 
  

男性の足が臭うのは何故

 
 
男性も女性もニオイの発生するメカニズムは全く同じです。

しかし、男性は女性より汗を多くかき、また皮脂も多く分泌されます。
また、サンダルなど履く機会や、素足で過ごす機会が多い女性に比べて、男性は靴と靴下を一日中履きっぱなしの場合が多いです。

また、仕事場でのストレスが汗を多くかく原因ともなり、においを助長させます。

足の臭い

このように男性のほうが足の臭いの発生しやすい条件がそろっており、一般的に女性の足より男性の足のほうがくさいいわれるのです。